本の通販 文芸書・エッセイ 日本文学

名探偵のままでいて(本の通販)

商品詳細

この商品はただいま品切れとなっています。

名探偵のままでいて

著者
小西マサテル
出版社 宝島社
ISBN 9784299037633
発売日 2023年01月
名探偵のままでいての本
価格

1,540(税込)

  • 獲得ポイント:7pt/冊
数量
種別
紙の本
在庫

品切れ

品切れ

配送方法をお選びいただけます
通常配送

3,000円(税込)以上ご購入いただくと、全国どこでも送料全額無料!

店頭受取

いつでも送料無料!全国の未来屋書店・アシーネ店頭で受取可能です。さらにポイント貰えます♪

店頭受取ポイントについて

今すぐ読むなら電子書籍版がおすすめ!

名探偵のままでいて

1,540円(税込)

名探偵のままでいて

電子書籍版の購入はこちら

第21回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作 「認知症の老人」が「名探偵」たりうるのか? 孫娘の持ち込む様々な「謎」に挑む老人。 日々の出来事の果てにある真相とは――? 認知症の祖父が安楽椅子探偵となり、不可能犯罪に対する名推理を披露する連作ミステリー! <最終選考委員選評> ●レビー小体型認知症を患う老人が安楽椅子探偵をつとめる“日常の謎”系の本格ミステリー連作。ラストがきれいに決まっている。 (大森望/翻訳家・書評家) ●マニア心をそそられる趣向が凝らされており、古典作品へのオマージュも好印象。ディーヴァーのリンカーン・ライムのヴァリエーションのようだ。 (香山二三郎/コラムニスト) ●キャラクターが非常に魅力的。彼らの会話がとっても楽しい! 全体を通しての空気感、安定感が秀逸でした。魅力的な物語を書き続けていける方だと確信しました。 (瀧井朝世/ライター) <あらすじ> かつて小学校の校長だった切れ者の祖父は、七十一歳となった現在、幻視や記憶障害といった症状の現れるレビー小体型認知症を患い、介護を受けながら暮らしていた。しかし、小学校教師である孫娘の楓が、身の回りで生じた謎について話して聞かせると、祖父の知性は生き生きと働きを取り戻すのだった!そんな中、やがて楓の人生に関わる重大な事件が……。

新刊情報

タイトル
メッセージ

メッセージ

商品タイトル1 数量:2
商品タイトル2 数量:3

下記の商品は一部在庫切れのため、出版社から取り寄せ(分割配送※)となります。

商品タイトル1 数量:2
商品タイトル2 数量:3

※お取り寄せ商品の入荷にあわせて、すべての商品をまとめて一括配送することが可能です。

発送の目安について

本のカテゴリから検索

教養新書

理工書

保育・教育

その他

雑誌カテゴリから検索