星野源(13冊中 1-13件)

大河ドラマ「真田丸」や「逃げ恥」など、多くの人気ドラマに出演するだけでなく、歌や執筆活動にも大忙しの星野源の書籍を集めました。

星野源、エッセイ最新刊! 星野源が、雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年12月号より連載をスタートした、エッセイ「いのちの車窓から」に、書き下ろしを加えて単行本化。 ドラマ「逃げ恥」、「真田丸」、大ヒット曲…

俳優で音楽家、星野源はじめてのエッセイ集。 携帯電話の料金を払い忘れても、部屋が荒れ放題でも、人付き合いが苦手でも、誰にでも朝日は昇り、何があっても生活はつづいていく。 ならば、そんな素晴らしくない…

働く男

働く男

著者:星野源

働きすぎのあなたへ。働かなさすぎのあなたへ。 音楽家、俳優、文筆家とさまざまな顔を持つ星野源が、過剰に働いていた時期の自らの仕事を解説した一冊。映画連載エッセイ、自作曲解説、手書きコード付き歌詞、…

星野源・待望の最新刊。 資生堂アネッサCMソング「夢の外へ」、「知らない」と立て続けにヒット。 アルバムもオリコンチャートを賑わせ、主演舞台に主演映画とうなぎのぼりの人気のさなか、2012年末にくも膜下出…

せかいは ひとつになれない そのまま どこかにいこう インストゥルメンタルバンドSAKEROCKのリーダー 星野源による詩・歌と、アメリカ西海岸でスケーターたちの滑り場になっていた廃墟のプールを撮り続けた写…

「雑談の中に本質がある」。音楽家・俳優・文筆家の星野源が雑誌POPEYEで連載していた対談が『星野源雑談集1』としてついに書籍化! 連載時とは違い大幅に編集を“加えず”、テープに収録された生の会話そのままのグ…

俳優で音楽家、星野源はじめてのエッセイ集。 携帯電話の料金を払い忘れても、部屋が荒れ放題でも、人付き合いが苦手でも、誰にでも朝日は昇り、何があっても生活はつづいていく。 ならば、そんな素晴らしくない…

働く男

働く男

著者:星野源

働きすぎのあなたへ。働かなさすぎのあなたへ。 音楽家、俳優、文筆家とさまざまな顔を持つ星野源が、過剰に働いていた時期の自らの仕事を解説した一冊。映画連載エッセイ、自作曲解説、手書きコード付き歌詞、…

13冊中[1~13件を表示]

本のカテゴリから検索

教養新書

理工書

保育・教育

その他

雑誌カテゴリから検索