「真田丸」がもっと読みたい!

真田丸がもっと読みたい!!淀・秀頼、真田信之、家康と秀忠のその後が知りたい
ついに最終回を迎えた大河ドラマ「真田丸」。真田信繁の生涯を描いたこのドラマの関連本を集めました。主演の堺雅人さんの著書もご紹介しますので、このドラマを通じてファンになった方には是非読んでいただきたいです。
真田丸 前編

オススメ

『真田丸』を 徹底的に楽しむためのガイドブック

真田丸 前編

著者:三谷幸喜

三谷幸喜が満を持して描く“日の本一の兵”真田信繁(幸村)。その愛とサバイバルの物語を徹底解剖!主要出演者のインタビュー、あらすじ、美術・歴史特集、舞台地紹介、制作ロケ日記などの人気企画のほか、主演・堺…

真田丸 後編

オススメ

新キャストやドラマの裏側も完全網羅

真田丸 後編

著者:三谷幸喜

主要キャスト・インタビューやあらすじはもちろん、時代考証者と行く「舞台地特集」、山本耕史×片岡愛之助×新井浩文による「秀吉家臣団グラビア座談」、チーフプロデューサーが語る「歴史と向き合う三谷脚本の極意…

真田丸 完結編

最終回までのストーリーを完全ガイド

真田丸 完結編

著者:三谷幸喜

信繁の運命を決める「大坂の陣」!ラストまでのストーリーを完全ガイド 「関ヶ原の戦い」後、14年間の蟄居を経て、ついに大坂城入りする信繁(幸村)。最後の砦「真田丸」には家康打倒の秘策が隠されていた![…

真田丸

戦国時代最後の名将が生きた時代

真田丸

著者:黒田基樹 / 平山優 / 丸島和洋

信濃の一領主にすぎなかった真田家の昌幸・信繁・信幸(之)らが、戦略と武力で戦国の乱世をどう生きぬいたのかをわかりやすく解説。大坂の陣において後の世に語り継がれる戦国最強の砦“真田丸”の戦いを、新説を踏…

真田丸

真田の謎に迫る

真田丸

著者:

◆時代に翻弄された一族の戦国サバイバル ◆大河ドラマ「真田丸」 ◆子孫だからこそ語り得る歴史「幸村の血脈」 仙台真田家14代当主 真田徹氏インタビュー ◆「十勇士の真実と真田忍の謎」真田の調略はその情報網に…

文・堺雅人

俳優、堺雅人が「演じる」ときに考えること。

文・堺雅人

著者:堺雅人

俳優、堺雅人が「演じる」ときに考えること。 大きな話題を呼んだ演技派俳優の初エッセイ。新たに作家の宮尾登美子氏、長嶋有氏との対談、蔵出しインタビュー&写真も収録。

文・堺雅人 2

撮り下ろし写真&オフショット100点以上も掲載

文・堺雅人 2

著者:堺雅人

前作から4年ぶり、待望のエッセイ! 『半沢直樹』『リーガル・ハイ』『鍵泥棒のメソッド』… さまざまな役を演じる堺雅人のアタマのなか。 「どうも俳優とは、おどろくほどボンヤリしていて、 ひたすら受身…

ぼく、牧水!

堺雅人、師と語る

ぼく、牧水!

著者:伊藤一彦(歌人) / 堺雅人

恋の苦悩、自然との一体感、未知の世界への憧憬、酒に溶けゆく魂・・ 自らの「あくがれ(=憧れ)」を求めて突き進んだ歌人・若山牧水の魅力を、堺雅人が恩師の歌人・伊藤一彦と3夜連続で語り合った師弟対談書! …

真田三代

日本人が愛する真田三代

真田三代

著者:平山優

武田信玄に仕える一方で、長尾景虎とも誼(よしみ)を通じようとした真田幸綱。 徳川氏の力を借りてまんまと上田城を手に入れた昌幸。 滅亡しつつある組織特有の固陋さによって献策が受け入れられず、悲劇的な死を遂…

真田幸村大坂の陣秘録

大坂の陣における幸村の戦略・戦術

真田幸村大坂の陣秘録

著者:津本陽

2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』で、その生きざまに新たなスポットがあたる真田幸村。 本書では歴史小説の大家である津本陽氏が、最新の歴史研究の成果をふまえて小説エッセーとでもいうべきスタイルで、…

乙女の真田丸

乙女の日本史シリーズ

乙女の真田丸

著者:堀江宏樹

「乙女の日本史」シリーズで人気の著者による、大河ドラマ『真田丸』がもっと楽しくなる戦国時代&武将ガイド。

真田幸村と大坂の陣

「真田幸村」伝説、ここに

真田幸村と大坂の陣

著者:三池純正

「真田幸村」没後400年。伝説の武将・幸村(真田信繁)の生涯を、歴史的事実を踏まえながらストーリー仕立てで描く。人生のほとんどを幽閉の地で過ごした幸村が、その名を上げたのは、晩年のわずか数カ月の活躍に由…

真田信繁

戦国乱世を駆け抜けた男の真実を描く

真田信繁

著者:相川司

〈真田丸〉で勇戦し、大坂に散った戦国最後の知将――真田信繁。〝幸村〟という虚像を砕き、戦国乱世を駆け抜けた男の真実を描く渾身の歴史評伝。

真田三代 上

真田三代 上

著者:火坂雅志

真田三代 下

真田三代 下

著者:火坂雅志

真田信繁

オススメ

オールカラーで読む

真田信繁

著者:黒田基樹

関東勢百万と候へ、男は一人もなく候!乱世を渡り歩き、生きざまを見せつけた大坂の陣。 戦国末期を駆け抜け、歴史に名を轟かせた信繁の戦いが、いま始まる! 【目次】 口絵 はしがき 第一部 定めなき浮世…

真田信繁

傑作長編小説

真田信繁

著者:野中信二

父真田昌幸、兄信幸とともに天正壬午の乱を戦い、上杉家人質時に直江兼続と、上洛時には豊臣秀吉と出会い大きく成長した信繁(幸村)は、関ヶ原大戦では上田合戦において徳川軍を撹乱するも西軍は敗れ、九度山にて…

真田幸村と大坂の陣

真実はどこに? 50の謎が明らかになる

真田幸村と大坂の陣

著者:渡邊大門

●幸村(信繁)が築いた真田丸とは? ●真田昌幸が信繁に与えた作戦とは? ●方広寺鐘銘事件の背景とは? ●牢人たちはなぜ豊臣方に集まったのか? ●大坂冬の陣は避けられなかったのか?

真田幸村のすべて

安心の人物関係図付

真田幸村のすべて

著者:渡邊大門

NHK大河ドラマ『真田丸』の主人公・真田幸村《信繁》の生涯がこの1冊でわかる! 戦国時代の最後の大いくさ・大坂の陣で徳川家康にはむかい、獅子奮迅の活躍をみせた真田幸村《信繁》。 そのロマンあふれる生き…

徳川家が見た「真田丸の真実」

信繁、家康と内通していた!?

徳川家が見た「真田丸の真実」

著者:徳川宗英

そもそも、真田幸村は合戦経験が意外と少ないのに、「戦国最強」といわれるのはなぜか――。真田幸村は死後、庶民に英雄視され、彼らの願望に沿って話がつくられていった。いまわれわれに伝えられていることと、実際…

もっと見る

89冊中[1~20件を表示]

カテゴリー